ベルタマザークリーム

ボディクリーム ランキング

サイドメニューへ

妊娠初期に使い始めると効果的!ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

妊娠中のママの為にある妊娠線予防用ボディクリームです。妊娠時のお腹のくすみや肉割れ、痒みや突っ張り感などの肌トラブルを回避できると、多くのママ達から絶大な支持を受けています。

そしてクリームでは難しい「保湿維持」を実現させた商品です。それでは、実際に使ってみた感想を紹介しますね。

ベルタマザークリーム

使いやすさ

片手で開けられるワンタッチタイプのフタですが、結構強めに力を加えないとカチッと開閉出来ません。

そのため中身が溢れる心配や、小さなお子さんが誤って開けてしまう心配が軽減されると思います。

テクスチャー

色は真っ白で、見た目は水々しい感じです。伸びは非常に良くつけ心地は軽いです。ベタつきは一切なく瞬時に肌へと浸透しているよう感じです。

塗ってからすぐに乾くので寒い冬場なんかは、すぐに洋服も着れて助かります。

香り

肌につけた瞬間はほぼ無臭です。

しかし、時間が経つと若干ニオイを感じます。鼻につく感じでもないし、鼻に残ってしまうような香りでもない、かすかな香りです。

保湿効果

翌日の朝もしっとりとしていました。

入浴後もしっとり肌をキープしています。2度塗りの必要はないと思います。カサカサ、チクチクするような痒みも全く起きません。

肌トラブル

使用して1週間、今のところ湿疹や痒み、ただれや赤みといったような肌トラブルはありません。

これからママになる方。新人ママさんに肌トラブルがあってはいけないので、やっぱり配合成分などはとってもこだわりを感じますね。

コスパ

120g6980円と若干値段が高めのように思われますが、クリームでは補えないもの、オイルでは補えないものをバランスよく調和したものがベルタマザークリームだと思います。

一般的なボディクリームは大部分が水で出来ているため、すぐに蒸発してしまいがちで保湿機能が期待できません。

逆にオイルは、保湿効果はあるもののベタつきが気になり、衣服なども汚してしまいます。そしてニオイがキツイ。匂いに敏感な妊婦さんにとって大敵ですよね。

しかしベルタは、クリームなのに保湿効果を保てるという非常に優れたクリームだと思います。この値段でこの品質は妥当だと考えます。

感想

大きくなっていくお腹に対応できる皮膚づくりをしてくれるクリームだと感じました。お腹だけではなくて、お尻や太ももにも効果的です。

浸透力が良い分、塗ってすぐ肌に染みこんでいきます。なので、指を滑らせてマッサージをするのには不向きだと感じました。指が滑っていかないので優しくマッサージする程度で充分だと思います。

マッサージクリームとしては不向きですが、妊娠線予防クリームとしてはかなりの高評価です。オーガニックの無添加で日本製ということで、敏感肌になっている妊婦さんが安心して使用できるボディクリームだと感じました。

ベルタマザークリームに配合されている全成分

ベルタマザークリームの全成分

水、ミリスチルアルコール、BG、カニナバラ果実エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウノコギリソウエキス、タチジャコウソウ花・葉エキス、ローズマリー葉エキス、プラセンタエキス、アスパラギン酸、アルギニン、グリシン、アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン、セラミド2、アスコルビルグルコシド、グルコシルヘスペリジン、トコフェゲン、焦りチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、グリコシルトレハロース、グリセリン、米ぬか油、シクロヘジグリコール、ベンチレングリコール、コポリマー、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ソルビタン、クエン酸、水酸化K、エチドロン酸、フェノキシエタノール、グレープフルーツ果実油

ベルタマザークリームに配合されている全成分は上記のように表示されていました。保湿成分にはセラミド2も配合されており、高保湿効果をかなり期待できるクリームです。

さらに8つの無添加も実現しています。香料、着色、石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、シリコン、エタノール、紫外線吸収剤を不使用。肌やニオイに敏感となる妊婦時でも安心して使うことができます。

ベルタマザークリームの商品情報

ベルタマザークリーム
単品価格 6980円(税込)
定期価格 初回500円(税別)2回目以降〜4980円(税込)
販売会社 株式会社ビーボ「ベルタ公式ショップ」
公式サイト https://belta-shop.jp/
キャンペーン 定期なら初回限定500円。2回目以降も2000円引きの使用可能

実際に使っているから分かる!

話題のボディクリームを徹底レビュー

MENU